公安警察の組織図

公安警察【 警備警察 】
公安警察は、警察庁の内部部局にある【 警察庁警備局公安課 】 に属しています。
国内における、国家を脅かす反国家体制や組織・団体、スパイ活動、ゲリラ、国際テロリズム等を対象とした、 警備犯罪の捜査・情報収集、取締り等
社会の安全を維持するための任務を遂行するのが警備警察です。

民主主義を支えるため。
地道な捜査活動による情報収集や海外機関との連携により、さまざまな脅威を未然に防ぎ、日本の国民が安心できる生活と環境を守っています。
警察庁警備局警備課
大規模な自然災害やハイジャック事件等、緊急事態発生時の警察庁における対処、機動隊の全国的な運用等
天皇・皇族や内閣総理大臣を始めとする内外要人の安全を守る警衛・警護に関する業務等を任務としています。
警察庁警備局警備企画課
警備警察に関する制度や運営に関する企画立案等
危機管理業務として、弾道ミサイルの発射等の緊急事態に対処するための計画の策定
悪質巧妙化の脅威が増大しているサイバー攻撃への対策等を任務としています。
警察庁外事情報部 外事課【外事警察】
平成16年度における警察庁の組織改編

警察庁警備局に外事情報部を新設
それまで外事課に置かれていた「国際テロリズム対策室」を「課」に発展的に改組

テロの脅威に係る情報収集・分析等の強化
重要施設等の警戒警備の徹底
官民一体の「日本型テロ対策」の推進等
さまざまな取組を行い、国際テロ対策の強化を図っています。

警備警察が扱う事象においては、外国人が関与するものを扱っています。
日本人拉致容疑事案、対日有害活動、大量破壊兵器関連物資等の不正輸出等に関する情報収集や取締り
不法入国・不法滞在者対策等を行っています。
外国のスパイ活動や国際テロリズムなど、外国から来る犯罪を捜査する部門です。

警察庁外事情報部 国際テロリズム対策課
警備警察が扱う事象において、外国人又はその活動の本拠が外国にある日本人によるテロ等
国際テロに関する情報収集・分析や国際会議への対応を行っています。

警備警察 【 SP 】セキュリティポリスの組織図

要人警護のスペシャリスト 【 警備部警護課 】
SP制度は、全国で唯一、警視庁だけにある特別な制度です。

SPの警護はチームで行われ、指揮官が統制をとって、各担当の持ち場で機動力を発揮しています。
無線、運転、行先地担当など、各々が各持ち場で感覚を研ぎ澄まして、一瞬の気の緩みも許されない極めて厳しい任務を行っています。
大きいイベントやサミットでは、外務省や諸外国の大使館、各国の要人警護員とも連携。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、警備部警護課が中心となり、各警察署において定期的な警護訓練も実施しています。
日々、スキルアップを図りチーム一丸となって任務を遂行しています。

警備警察【SP】は要人を守るために選ばれたスペシャリストです。

要人警護のスペシャリストたちは、重大な責務とミッションの任務を担っています。
警視庁警護員記章【SPバッチ】
【SP】の文字が刻印された上着の左襟に付けているツートンのSPバッジは、【警視庁警護員記章】と呼ばれます。

バッジの裏には認証番号が刻印されています。
SPバッジ【記章】のカラーはセキュリティーの関係で、成り済ましや偽造防止のために、不定期に変更されて着用しています。
警備警察 【 SP(セキュリティポリス)】の組織図


出典:警察庁【警察のしくみ】
出典:警視庁【警備警察(SP)】